ホーム > 生活 > 住宅ローンに追い詰められる

住宅ローンに追い詰められる

民事再生による整理は住宅ローン等を含めて複数の債務に陥っているひとを対象とした、マイホームを手放さずに金銭的に立ち直るために公の機関を通した債務の整理の手段として2000年11月に適用されるようになった制度です。

 

この法律には、自己破産制度とは違って免責不許可となる要素がないので、競馬などで借金をしたのであってもこの方法は問題ないですし、破産により業務できなくなる可能性がある免許で仕事をしている人でも民事再生は行えます。

 

自己破産では住宅を残すことは考えられませんし、その他の選択肢では、借金した元金は支払っていかなくてはなりませんので住宅ローン等を含めて返済を続けるのは多くの場合には困難だと思われます。

 

ですが、民事再生を選ぶことができれば、住宅ローン以外の負債額は相当な額をカットすることも可能ですので余裕を持ちつつ住宅ローンなどを払いつつ残りの借入金を払っていくようなこともできるということになります。

 

でも、民事再生は任意整理による処理特定調停といった方法とは違いある部分のみの借り入れだけを除外して処理をすることは許されませんし破産手続きにおけるように負債自体が帳消しになるということではありません。

 

さらに、これ以外の解決手順と比べると手続きがめんどうで時間が必要ですので、住宅ローンなどがありマンションを手放せない状況などを除き破産等他の選択肢がない際における最後に考える処理として考えていた方がいいでしょう。

 


関連記事

サロンを開く人にハウスクリーニングの専門店
おうちで自分の得意な分野のサロンを開くサロンマダムが流行っているそうな。他所で働...
住宅ローンに追い詰められる
民事再生による整理は住宅ローン等を含めて複数の債務に陥っているひとを対象とした、...
テスト
テスト記事です。...