ホーム > 就職 > 2国間のトレード

2国間のトレード

「スプレッド」とは外為取引は二国間の通貨をトレードして利幅を狙う商品です。

 

売り買いの価格は常に動いています。

 

これが為替です。

 

テレビのニュースをみているとドル円やユーロ円のマーケットの情報が流れる場面があります。

 

たとえば、「現在の為替相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で注文されているという事を意味するのではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭であることを表しています。

 

すなわち、外為取引には買いと売りの2つの値が存在します。

 

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表しているFX取引会社も存在しています。

 

通常は買値よりも売値のほうが低くなっています。

 

あなたが買うときには高く、売るときには安くなります。

 

この差分をスプレッドといい、会社の稼ぎとされています。

 

スプレッドの差はFX取引会社によって変わります。

 

スプレッドの狭さは自分にとってコストになるので、狭い取引業者をピックアップするほうが儲けられます。

 

ただ、同じ取引会社でも場合によってスプレッドの幅は広くなったり狭くなったりします。

 

もしも平常時は円とドルのペアでたった1銭のスプレッドの差であるとしても、為替の上下が激しいときには1銭よりも広くなったりする場合があります。

 

そういう訳で、スプレッドが小さいのと共に、変わらないのが重要です。

 

最近では固定したスプレッドを提示するFX会社もいろいろ存在します。

 

現実に業者の売買画面の中で本当の市場を調べなければ区別できないのですが重要な事です。

 

多額の財産を使って売り買いしますので本物の注文の前に興味がある取引会社の新規取引口座開設を全てして、表示されているスプレッドの狭さを確かめましょう。

 

同じ外貨でも、その瞬間の市場のボラティリティによって通貨ペアのスプレッドの差は異なります。

 

いつもは銀行間取引市場で流動性の高いペアではスプレッド幅が狭く、この他の通貨では広くなる傾向にあります。

 


関連記事

2国間のトレード
「スプレッド」とは外為取引は二国間の通貨をトレードして利幅を狙う商品です。 &n...
テスト
テスト記事です。...